植木 庭木 肥料 活力剤

サイトマップ

植木庭木の速効樹勢回復ステミックスへの使用量、使用方法

植木 庭木の樹幹注入剤ステミックス使用量

【お知らせ】ステミックスは廃盤となりました。

幹の根になるべく近い部分に円形状になるように、15cm間隔で注射して下さい。

《注意》

  • 樹勢が極端に弱っており、樹木内を樹液が循環していないような場合に使用すると、ステミックスを打込んだ部分から枯れてしまう場合があります。これは、ステミックスの養分が循環せずに滞留してしまう為です。
    解らない場合などは、打つ本数を減らして様子を見ながら施工するようにして下さい。
  • 胸高直径10cm以下の樹木への使用は避けて下さい。
  • 常緑樹は、1年中使用しても差し支えありませんが、落葉樹の場合、冬場での使用は効果が現れません。
  • 栽培果樹への使用は避けて下さい。

ステミックスの使用方法

使用方法1《1》
打込機にアルミチューブを差し込む。
使用方法2《2》
樹幹のなるべく根に近くにハンマーで打込む。
使用方法3《3》
樹皮の部分から幹に達すると、僅かに違った音を感じる。それから2、3回叩くと丁度チューブの切り口が形成層に達する。(打込機を抜き取る)
使用方法4《4》
ステミックスのフタの部分をハンマーで叩いて、フタのリングが本体に入るまで圧縮する。
使用方法5《5》
フタの部分を下にして連結穴をアルミチューブに添えるようにして差込み、カプセル背後をハンマーで内部のシールが破れるまで軽く叩く。
使用方法6《6》
シールが破れたらカプセルを裏返しにしフタの部分が上になるようにする。
使用方法7《7》
早ければ4~5分か遅くとも数時間で注入が完成する。カプセルを抜き取る前に打込み時と同じように逆さまにして2~3分おく。(チューブ内に残っている薬液を完全に樹木内に入れるため)
使用方法8《8》
注入が終わったら速やかにカプセル/チューブを抜き取る。(放置しておくと樹液がカプセル内に逆流することがある)
関連記事

役に立つ肥料、活力剤を市場最安値にて販売中!是非ご利用ください!

植木 活力剤 スーパーバイネ 肥料 プラントストライク

活力剤 スーパーバイネ

打込み型肥料 グリーンパイル

打込み型肥料 プラントストライク

除草剤 カルコーン

庭木・植木の豆知識

ページのトップへ戻る