植木 庭木 肥料 活力剤

サイトマップ

植木 庭木 肥料をやる時期について

植木 庭木の肥料をやる時期

肥料成分が浸透していくには時間が必要

庭木の種類にもよりますが、根の張っている位置は、30cm以上深い場合が多いので、地表付近に施肥しても実際に根から吸収される場所にまで浸透するのにある程度の時間を要します。
よって、肥料をやる時期としては、根が活動しだす春にタイミング良く肥料分が届いているのを期待して冬に与えることが多いです。
これを寒肥(かんぴ)といいます。

寒肥(かんぴ)

冬の寒い時期、庭木、植木の活動が休止している時に与える肥料です。
関東ですと1月~2月に施すことが多いです。
肥料の種類としては、有機質の肥料が多いです。
これは時間をかけて土壌で分解され植物に吸収される形になるので、化学肥料と違って植木にも負担がかかりません。主に牛糞や鶏糞等が使用されます。

ご紹介している商品の使用時期について

天然活力剤 スーパーバイネ

肥料分のない活力剤ですので、基本的に使用する時期に決まりはありません。
それでも、寒肥や3月頃や、秋ぐちなどの気候が落ち着き、
庭木も活動している時期に与えると比較的効果が出やすくなります。

打込み型 肥料 プラントストライク

庭木の周囲の地面に打ち込んで使用します。
緩効性の肥料なので年に1回使用するだけで継続的に肥料分を与えることができます。
やはり徐々に浸透していくタイプですの春が来る前に施すとよいです。

  
関連記事

役に立つ肥料、活力剤を市場最安値にて販売中!是非ご利用ください!

植木 活力剤 スーパーバイネ 肥料 プラントストライク

活力剤 スーパーバイネ

打込み型肥料 プラントストライク

除草剤 カルコーン

庭木・植木の豆知識

ページのトップへ戻る