植木 庭木 肥料 活力剤

サイトマップ

有機肥料と無機肥料。

有機肥料と無機肥料

肥料は大きく二つに分けると、自然由来の有機肥料と、
人工的に精製された無機肥料(化成肥料)がある。

有機肥料

植物の油かすや灰、動物の糞や骨などの有機物を原料とした肥料。
その性質上、分解が遅いため緩効性肥料として扱われる。
土壌の微生物により分解されるので土壌改良としても役立つ。そのため
地植えの植物には積極的に使用されるが、臭気の関係から鉢栽培などでは倦厭されがち。
当サイトで紹介している活力剤スーパーバイネは有機肥料との相性が非常に良い。

有機肥料の長所

何と言っても自然由来、三要素以外の微量要素も含んでいる。
施肥の量を間違えても、性質上ゆっくり溶け出すため大きな失敗に繋がりにくい。

有機肥料の短所

入手、調整、配合に手間がかかること。安定供給ができないため比較的高価。
分解初期では臭気を伴い、近隣住民への影響も考慮しなければならない。虫がつく恐れも。
化成肥料と違い、肥料分が早く溶け出す即効性のものが無い。

代表的な有機肥料

油かす、牛ふん、鶏ふん、魚粉、骨粉、草木灰など

無機肥料(化成肥料)

肥料原料を合成し、科学的に精製された肥料。基本的には単一成分しか含まない単肥となり、
市場に流通しているものはこれらを配合したものとなる。
安価で使いやすいため、現在は広く普及している。
当サイトで紹介している打込み型肥料プラントストライクも含まれる。

無機肥料の長所

有機肥料と違い、成分が明記されているため調整がしやすい。
大量生産可能で安価、安定供給可能。 持ち運び・施肥が比較的簡単。臭気を伴わない。
肥料分の溶け出すスピードが調節可能、緩効性のものと即効性のもの両方がある。

無機肥料の短所

成分の効果が強く現れるため、間違った使用方法をすると根を傷める恐れがある。
三要素(もしくは五要素)以外の成分はほとんど含まれていない。

代表的な無機肥料

硫安、尿素、熔リン(熔成リン肥)、過リン酸石灰など

即効性肥料と緩効性肥料

肥料は主に、効果がすぐに現れる即効性肥料と
成分がゆるやかに溶け出す緩効性肥料の二つに分けられる。

即効性肥料

即効性の肥料は、効果が非常に早く現れるため、主に追肥として使用される。
花が咲く前に与える芽出し肥や、開花後のお礼肥などが一般的。
吸収が早い代わりに調整が難しく、与えすぎて肥料焼けを起こしてしまうケースもある。
その性質上、即効性肥料はほぼ全て化成肥料に含まれる。

緩効性肥料

徐々に分解され、効果が緩やかに現れるため、主に元肥として使用される。
冬場でも根に負担をかけないため、寒肥などにも使われる。
その性質上、分量や成分を多少間違えてしまっても大きな被害が出るのは稀である。
有機肥料のほぼ全てと、化成肥料の一部が含まれる。
当サイトで紹介している打込み型肥料プラントストライクも含まれる。
活力剤スーパーバイネも緩効性のため、同じ緩効性のプラントストライクや
有機肥料と非常に相性が良い。

  
関連記事

役に立つ肥料、活力剤を市場最安値にて販売中!是非ご利用ください!

植木 活力剤 スーパーバイネ 肥料 プラントストライク

活力剤 スーパーバイネ

打込み型肥料 プラントストライク

除草剤 カルコーン

庭木・植木の豆知識

ページのトップへ戻る