植木 庭木 肥料 活力剤

サイトマップ

植木、庭木の肥料について。

植木 庭木の肥料について

肥料取締法第2条第1項

日本の法律で定められているところの「肥料」とは、
「植物の栄養に供すること又は植物の栽培に資するため土壌に化学的変化をもたらすことを目的として土地に施される物及び植物の栄養に供することを目的として植物に施される物をいう」
と定義されている。

※土壌に施されるもの、葉に直接散布するタイプも植物の栄養に供することを目的する場合は、
 肥料となる。

肥料の成分

肥料には、主に成分として、窒素(N)・リン酸(P)・カリ(K)を配合したものが多く、
これらは肥料の3要素と呼ばれ植物の生長に必須となる。
この他に、カルシウム(Ca)・マグネシウム(Mg)などの要素も肥料として施される。

肥料の3要素について

窒素(N)

主に植物を生長させる作用がある。
植物の体格作りに密接に関係し、葉や茎を大きくすることから葉肥(はごえ)と呼ばれる。
タンパク質や葉緑素の生成に必要不可欠。
窒素が欠乏すると、生育が悪くなり葉の色が薄くなり黄色味を帯びたものとなる。
反対に過剰に与えると、花や実が付きにくくなるとともに、
植物が徒長し、軟弱になるために病害虫にも侵されやすくなる。
※硫酸アンモニア、塩化アンモニア、尿素、石灰窒素

【代表的な窒素肥料】油粕、魚粉

リン酸(P)

花つきや結実を促進させる働きがあり、
花肥(はなごえ)もしくは実肥(みごえ)と呼ばれる。
リン酸が欠乏すると、花数が減少し開花や結実が遅れたり不良となる。
過剰に与えても害は出づらいが、鉄やカルシウムと結合して土壌に残留したり、
成熟のみ促進され収量低下につながる恐れがある。
※石灰、熔成過リン酸リン肥

【代表的なリン酸肥料】骨粉

カリ(K)

根の発育と細胞内の浸透圧調整に作用するため根肥(ねごえ)と呼ばれる。
寒さや病気に対する抵抗力向上にも効果がある。
水溶性の為に流亡しやすいので、追肥で小出しに与えるのがよい。
カリが欠乏すると、葉の変色、根の生育不良などの症状が現れる。
反対に過剰に与えると、カルシウム・マグネシウムの吸収を妨げる。
※塩化カリ、硫酸カリ

【代表的なカリ肥料】籾殻燻炭、藁灰

肥料の5要素について

肥料の三要素にカルシウム(石灰)とマグネシウム(苦土)を加えて肥料の五要素という。

カルシウム(Ca)

細胞間の結びつきを強くし、根の正常な発育を促す。
土壌においては酸度(pH)を中和し、酸性の土を中性にする。

マグネシウム(Mg)

光合成をするための葉緑素構成に必要不可欠。

多量要素と微量要素について

肥料成分には、植物が必要とするものに多量要素と微量要素とがある。

多量要素

字の通りに、植物の生育に多量に必要となる成分。上記した、窒素・リン酸・カリの3要素に加え、石灰・苦土・硫黄がある。

微量要素

植物の生育に欠かせないものではあるが多量要素に比べ、少ない必要量である為にこのように区分けされる。
マンガン・ホウ素・銅・亜鉛・モリブデンがある。

関連記事

役に立つ肥料、活力剤を市場最安値にて販売中!是非ご利用ください!

植木 活力剤 スーパーバイネ 肥料 プラントストライク

活力剤 スーパーバイネ

打込み型肥料 プラントストライク

除草剤 カルコーン

庭木・植木の豆知識

ページのトップへ戻る