植木 庭木 肥料 活力剤

サイトマップ

植木・庭木用 打ち込み型 肥料 グリーンパイル 使用量・使用方法

グリーンパイルの打ち込み方

  • 打込む時期は年間を通じて、いつでも大丈夫ですが春と秋が最も効果的です。
  • 施工方法は簡単で誰でも手軽にでき、本体に添付されているキャップをグリーンパイルの頭の部分につけて地面にハンマー等で打ち込むだけで簡単に施工できます。
  • 普通の樹木の場合は、樹枝の先端の下に合わせるように地面に打ち込んで下さい。
  • 小木の場合は、幹より20cm~30cm離して地面に打ち込んで下さい。

捕捉:毎年打込む場合は、打ち込む箇所を変えて下さい。

グリーンパイル 施肥目安
樹巾
(cm)
幹回り
(cm)
直 径
(cm)
ラージ
(本)
ミニ
(本)
スモール
(本)
100155123
15030101~22~33~6
20045152~33~56~9
25050183~45~79~12
30060204~57~8-
40070255~68~10-
50080306~710~12-
600以上100以上40以上7~812~13-
関連記事

肥料、活力剤を市場最安値にて販売中!是非ご利用ください!

植木 活力剤 スーパーバイネ 肥料 プラントストライク

活力剤 スーパーバイネ

打込み型肥料 グリーンパイル

打込み型肥料 プラントストライク

除草剤 カルコーン

庭木・植木の豆知識

ページのトップへ戻る